夜勤でハゲるのは嘘?原因はAGAかも?

夜勤を続けるとハゲるとよく聞きますが本当でしょうか?

確かに夜勤は疲れますし、ストレスも溜まりやすいですが、何か科学的な裏付けや因果関係があるのでしょうか?

実際のところ、夜勤と薄毛の直接的な関係性は低いと言われており、原因は頭皮のトラブルやAGA(男性型脱毛症)の可能性の方が高いのが現状です。

夜勤によるストレスが原因なのか…?

薄毛の原因にストレスが挙げられることも多いです。

夜勤は周りの家族や友人と生活リズムが合わないので、予定や誘いを断ることが多くてストレスを感じませんか?それに、そもそもハードな夜勤自体にストレスを感じるかもしれません。

人間は強いストレスに晒されると自律神経のバランスに支障を来して頭皮の血行が悪くなると言われていますから、夜勤が薄毛の原因というのには説得力があります。

頭皮が赤いとストレスが怪しいです

ストレスが原因で頭皮の血行が悪くなると、頭皮の痒みに襲われるようになります。

そして痒みに負けて頭を掻きむしった結果

  • 頭皮が赤い
  • 頭皮が臭う
  • 頭皮の湿疹

などの頭皮の異常が現れやすいので判断の基準になります。

頭皮の健康状態が悪化すると皮脂の過剰分泌が起きてフケが大量発生し、それがまた痒み、掻きむしり、湿疹と悪循環を引き起こします。

自分で手鏡で確認することもできますが、家族に頭皮の色を見てもらうのが簡単な方法です。

ストレス…どころか夜勤が好きな人も多い

ただ、夜勤では

  • 夜勤手当が高い
  • 仕事の密度が薄い
  • 管理者の目が厳しくない
  • 割と自由が利く

というメリットもあるので夜勤にストレスを全く感じない人も少なからず居るのも事実です。

特に工場勤務の夜勤では口うるさい管理者が居なくなったり、現場に緩い雰囲気が漂ったり、日勤よりむしろ夜勤の方がストレスがなくて楽だったりする場合もあります。

(昔の私の同僚なんて暇すぎて筋トレしていることもあったくらいです。)

むしろ日勤で太陽の光を浴びた方がハゲる?

夜勤が薄毛の原因という説に真っ向から対抗するのが

  • 日光を浴びると男性ホルモンが増える

というデータです。

これはノースカロライナ大学の研究チームによって日光に含まれる紫外線が男性ホルモンの分泌を促すことが実証されました。

そして、この男性ホルモンはジヒドロテストステロンと言う物質に変わり

  • 薄毛
  • 髪の成長抑制
  • 体毛の増加

に作用する厄介な存在となります。

夜勤=薄毛とは真逆ですよね…

では、寝不足でもない、ストレスでもない、日に当たらないからでもない、それでも薄毛が気になるのには他に理由があるのでしょうか?

ハゲとホルモンバランスの関係が怪しい

薄毛に悩んでいる人であれば女性ホルモンと男性ホルモンのバランスが発毛・育毛に大きく関係があると聞いたことがあるかもしれません。

確かに男性ホルモンが多い人は体毛は毛深くハゲやすく、女性ホルモンが多い人は体毛は薄く髪が伸びる…と医学的にも実証されています。

夜勤とホルモンバランスにどんな因果関係があるのかというと、それは慢性的な睡眠不足です。

  • 夜勤と日勤の切り替えが苦手
  • 夜勤明けはなかなか寝られない
  • 不眠症に悩んでいる

というような夜勤の身体づくりが苦手な人は、ホルモンバランスが崩れて薄毛に繋がっている…という線が怪しいです。

これって睡眠不足の症状?

【キャラ】剥げている外国人男性

寝不足…?

そう言われれば、寝不足かな?

うん、たぶん寝不足だ…??

睡眠不足は自覚書状がハッキリしているので自己診断も簡単にできます。

  • 毎日眠気との闘いになる
  • 記憶力が落ちてきた気がする
  • 夜勤に集中できない
  • 夜勤上がりの異常な倦怠感
  • 風邪を引きやすくなった
  • 性欲が強い

といった症状がある場合は、睡眠不足に陥っている可能性が高いです。

あなたの薄毛はAGA(男性型脱毛症)かも

日本人は薄毛に対するマイナスイメージが強いので

【キャラ】剥げている外国人男性

まさか自分がハゲるとは…

認めたくない!

きっと夜勤のせいだ!

夜勤とハゲることを関連付けしたくなります。

たしかに夜勤は不規則で変則的ですから、髪の毛に悪影響だと考えたくなるのも理解できます。

しかし、その前に日本人の成人男性の4人に1人はAGA(男性型脱毛症)である事実を忘れてはいけません。

AGAはひと言でいえば男性ホルモンの影響などによって引き起こされる成人男性によく見られるハゲのこと。

4人に1人って、すごい割合です。

厚生労働省の調査では、日本の労働人口に占める交替勤務・深夜勤務従事者は21.8%(約5人に1人)と言われているので、夜勤従事者の人数よりもAGA患者の数が多いことになります。

AGA(男性型脱毛症)の特徴は?

AGA(男性型脱毛症)には次のような特徴があります。

  • 頭頂部、前頭部、額の生え際が気になって来た
  • 髪の毛が柔らかくなってきた
  • ゆっくりと薄毛が進行している
  • 遺伝との関係性は薄い

なので

【キャラ】剥げている外国人男性

父ちゃんも爺ちゃんもハゲて無いから大丈夫!

という遺伝的な自信を持っても意味がありません…

AGAは治療できます

AGAは完全にハゲてしまうわけではなく、産毛が残っているのが特徴です。

産毛が残っているということは毛根も失われていないので治療すれば頭髪の密度を回復させることが可能です。

AGAは内科や皮膚科で診察してもらえるようになってきましたが、専門知識を持ったドクターがまだまだ少ないため一般的に行われるのは進行遅延治療です。AGAの専門医に診てもらった方が無難です。

しかし、AGAの治療経験が豊富な専門医であれば、1人ひとりに合った問診、発毛治療を受けることができます。

ドクター

AGAの専門医なら1人ひとりに合った

  • 薄毛の進行食い
  • 食生活
  • 生活サイクル
  • 血液検査
  • カウンセリング

進行遅延でなく発毛治療を行います。

せっかく夜勤で日中に時間を作れるので夜勤のせいと決めつけずに診断してみてはいかがでしょうか?

 関連  AGAは治療できる!発毛治療専門スキンクリニック