寝ている時に突然足がつって目が覚めてしまうことはありませんか?

【キャラ】清楚女性C困り

特に朝方に多い…

そのせいで寝不足に…

寝るのが怖いくらい…

という悩みを抱えている人は少なくありません。

強烈な痛みを伴うので、目覚めも最悪ですよね…

足がつってしまう主な原因は

  • 筋肉疲労
  • 水分・ミネラル不足
  • 足の冷え

とされていますが、同時に足の冷えを感じて眠れない、足が痛いほど冷たくて目が覚める、カイロが手放せない、という人は『足の冷え』が原因と疑ってみましょう。

肉体疲労や水分・ミネラル不足を解消しても、足が冷えていては血行が悪くなって根本的な改善が期待できないためです。

足がつる(こむら返り)メカニズムは?

足がつるととっても痛いですよね?

あ、何か来る?来るの?イタタ!イタタタタタタタ!!!

という感じで、何か強い力で筋肉が引っ張られている感じがします。

筋肉は細かな筋繊維が束になったもので、それぞれがタイミングを合わせて伸び縮みすることで身体を動かすことができます。

しかし、先ほど原因に上げた

  • 肉体疲労
  • 水分、ミネラル不足
  • 足の冷え

などで不調をきたすと、一部の筋線維だけが誤作動を起こして強力に縮もうとしてしまいます。

その際に強い痛みと突っ張りを感じるのが『足がつった』、『こむら返り』という状態です。

足がつる原因は?

では、どうして寝ている時に足がつってしまうのでしょうか?

肉体疲労と言われてもあまりピンと来なかったり、食生活もちゃんとしているはずなのに…

そんな方は、根本的な原因は足の冷えにあるかもしれません。

順番にみていきましょう。

肉体疲労と水分不足

よくサッカーや駅伝などの激しいスポーツで、選手が競技中に足をつって倒れ込むシーンがありますよね。

これは、運動して肉体疲労を起こすとともに大量の汗をかいて水分とミネラル分を失うからです。

筋肉を動かすためにはエネルギーと電気信号が必要ですが、その手助けをしているのがカルシウム、ナトリウム、カリウム、マグネシウムなどのミネラル分です。

なので、それらミネラル分が不足するとエネルギー不足となり足がつったり痙攣をおこしたりする原因になります。

【キャラ】清楚女性C困り

え?私スポーツなんてしてないけど…?

という方も油断は禁物。

もし、看護師や介護士のような立ちっ放しの立ち仕事が多い場合は、むくんで血の巡りが悪くなっていますので、筋肉に必要な水分やミネラル分が行きわたらず、同じような症状に陥っている恐れがあります。

また、スポーツをせずとも寝ている時には大量の汗をかきますから、水分とミネラル分が不足しがちになってしまいます。

立ち仕事やスポーツをする人はストレッチ&マッサージを

趣味でスポーツをしている人や、立ちっ放しの仕事をしている人は、帰宅後の足のケアを忘れずに行いましょう。

特におススメなのはお風呂でふくらはぎをマッサージすることです。お風呂なら身体が温まった状態なので血行がよく、老廃物を効率よく排出できるので疲労回復が早くなります。

コツは『ゆっくりと、やわらかく』がポイント。

必ず足首からふくらはぎの付け根に向けて(つまり心臓に向かって)揉み流すようにしましょう。絶対に逆にやってはダメです。

手でやるのはなかなか大変ですし、疲れますのでオススメはウォータープルーフ(防水型)のコロコロを使うと楽で痛気持ちイイです。

後述しますが、足がつる対策だけでなくむくみ解消にもつながるので一石二鳥です。

 関連  いつかは使いたい高級コロコロ『ReFa CARAT』バスタブ内でも使えます!
プラチナ電子ローラー ReFa(リファ)

入浴中は大量の汗をかくので入浴前か入浴中にコップ一杯の水を飲むようにしておきましょう。

寝る前に水分補給を

寝ている時に足がつるのを防ぐには、寝る前にコップ一杯の水を飲みましょう。

理想なのはミネラルウォーターを常温で飲むのがおすすめです。冷たいのがあまり得意でない人は温めてもOKです。

ポカリスウェットなどのスポーツ飲料でも効率的に水分とミネラル分を補給することができますが、夕食をしっかりと食べているなら意識してミネラル分を摂らなくても大丈夫でしょう。

また、ポカリスウェットやアクエリアスなどには糖分が含まれているので、寝る前に飲むと『ポカリカリエス』という虫歯になりやすいとの指摘もあるので飲んだ後はしっかりと歯磨きをするようにしましょう。

『冷え対策』をしなければ全てが無駄に?

足がつるのと同時に、足の冷えを感じて目覚めてしまう、寝付きにくい人も多いのではないでしょうか?

特に、冷え性の女性、妊娠している女性、30代後半を過ぎた女性は、足がつる根本的な原因が『足の冷え』であることが多いです。

前半で、足がつる原因として3つ

  • 筋肉疲労
  • 水分・ミネラル不足
  • 足の冷え

を紹介しましたが、寝ている時に足が冷えると血行が悪くなってしまうので、筋肉疲労回復に必要な新鮮な酸素やミネラル分が行き渡らないだけでなく、老廃物が排出されず身体のめぐりが悪くなってしまいます。

また、人間の体温リズムは入眠後、朝方にかけて体温が低くなるようになっています。なので、そもそも朝方に身体が冷えやすい&こむら返りになりやすい仕組みになっているのです。

なので、足の冷えを改善しなければ寝る前のマッサージも水分補給も十分な効果を期待できません。

レッグウォーマーがおすすめ

足の冷え対策に靴下を履いている人もいますが、冷え対策にはレッグウォーマーの方がおすすめです。

靴下は身体に強くフィットするように作られていますから、血行や身体のめぐりを妨げる原因になったり、締め付けが強くてかえって足が痛くなったりします。

また、靴下はピッチリと肌に密着するので、寝ている時にかいた汗が蒸発することで逆に足を冷やしてしまうこともあります。

レッグウォーマーならふんわりと包み込むように足を温めてくれるので締め付け感がなく血行やめぐりを阻害せずに眠ることができます。

おすすめのレッグウォーマー

足の冷えが原因のこむら返り専用のレッグウォーマーのミーテ・ライトニングがおすすめです。

縦横どの方向に伸縮させても網目に隙間が出ないように編んであるので保温性がバツグンですし、サッカーボールを入れても包み込んでズレ落ちないふんわり感が圧倒的です。

冷えやこむら返り対策にビタミン剤や健康食品を始める人が多いですが、まずは安心、安全に身体を冷やさない&血行を悪くしない根本的な改善から取り組んでみてはどうでしょうか?

洗濯ネットに入れて普通に洗えてしまうので毎日使ってもお手入れが楽ですよ。

 関連  ふくらはぎを温める専用ウォーマー【ミーテ・ライトロング】

寝ている時は『むくみ』と『冷え』のどっちを優先する?

ここまで『足の冷え』からくる『足がつる』、『こむら返り』について原因と対策を紹介してきました。

ひとつ気を付けてほしいことがあるのですが、『足がつる』ことと同じように足の『むくみ』に悩む人も多いですよね?

むくみ解消グッズとして一般的なものに、レッグウォーマーと同じように着圧ソックスを履いて寝る方法があります。しかし、レッグウォーマーはふんわり包むのに対して着圧ソックスは圧迫するものですから、やっていることが全く逆なのです。

なので、『むくみ』にも『こむら返り』にも悩んでいる人は、睡眠中にできる対策はどちらかひとつだけになります。

『むくみ』も改善したいのであれば、先ほど紹介した入浴中のマッサージをすれば、冷えとむくみの両方の対策に繋がりますよ。